新着情報 新着情報

新着情報

堺平成ブログ ~そやさかい♪~

股関節が原因で腰が痛くなる!?【リハビリテーション部】

突然ですが、『腰痛』を経験したことはありせんか?実はその原因が股関節にあるかも知れません。

今回は股関節が原因で起こる腰痛についてお話しします。

先ずは、以下の3つのチェックに当てはまるか調べてみましょう

 

1⃣ 立っている姿勢で背中が反っている(図1)、もしくは背中が丸まっている(図2)

2⃣ 歩いているときに、両膝を曲げて、小股で歩いている。

3⃣ 歩いているときに、お尻(骨盤)を振って歩いている。

⚠3つのチェック項目のうち1つでも該当した方は股関節の硬さが原因で
腰痛が起こっている可能性があります。

そこで、今日からできる腰痛改善に向けた股関節の体操や歩き方をご紹介します。

無理のない範囲で実践してみましょう。

1、股関節を伸ばす体操

【やり方】

①片方の足を自分の足の半分だけ前に出します。

②骨盤が左右に動かないように(ねじらないように)注意しながら、
上半身を前に出した足の真上に来るまで移動させます。

このときに、腰が反ったり両膝が曲がらないように注意して下さい。
後ろに残った足の踵は浮いてもかまいません。

③上半身が前に出した足の上まできたら、元の位置に戻します。

④これをゆっくり10回繰り返してください。

⑤10回繰り返したら、今度は同様に前方に骨盤を移動させた所で10秒止めてから
元の位置に戻します。

⑥これを3回行ったら、同様に反対の足も行って下さい。

2、お尻(骨盤)を安定させる歩き方

①腰に手を当てて歩いてください。
片方の足を前に振り出したときに骨盤も一緒に前に動いていないかチェックして下さい。

②①チェックで骨盤が一緒に前に動いている場合は、1の股関節を伸ばす体操を行った後に股関節を意識して骨盤が過度に動かないよう意識しながら歩行を行って下さい。

わかりにくい方は腰に手を当てるとわかりやすいと思います。

この運動は”背中の丸まった姿勢”の予防にも効果があります。是非、お試しください!

腰痛は本当につらいです。毎日の継続した予防で痛みのない生活を送れると良いですね❕

※姿勢に関しては2020年11月6日の記事「姿勢をかえると、人生が変わる!?」をご参照ください。

※もし痛みが治まらない時は、お気軽にご相談ください。

 

一覧へ戻る
back 一覧に戻るのアイコン

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-278-2461
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る