入院のご案内 入院のご案内

入院のご案内

病棟のご紹介

地域包括ケア病棟とは

急性期病院からの受け入れはもちろん、ご自宅や施設で体調を崩された患者さんも受け入れます。

地域包括ケア病棟とは

入院に条件はなく、在宅復帰を目指す方であればどんな疾患でも受け入れます。必要な方には入院中に手術を行うことも可能です。在宅復帰を目指して、積極的なリハビリテーションを提供し、退院・在宅復帰までのサポートを行います。

病棟の特長

急性期後の治療を引き継ぐ(Post Acute Care)

急性期後の様々な状態の患者さんに対応できるよう、きめ細やかな医療を提供できる体制を整えております。 急性期後の患者さんを早期に受け入れ、できるだけ早く自宅や施設に退院していただくことを目標に治療を行っています。

在宅患者さんの状態悪化時の即時受入れ(Sub Acute Care)

在宅療養や施設入所している患者さんの状態が悪化した場合、主治医や施設スタッフからご連絡をいただき迅速に入院受け入れを行います。入院直後から積極的な治療を行い早期の退院を目指します。即日入院にも対応いたします。

積極的なリハビリテーション

在宅復帰のために欠かせないのがリハビリテーションです。当院の地域包括ケア病床では、独自の取り組みにより積極的なリハビリテーションを行っております。

チーム医療の徹底

入院初日に多職種で合同評価を行い現状の把握、治療やリハビリテーション、栄養面についての話し合いを行い、方針の共有を行います。退院時の状態をイメージしながら各専門職がそれに向けて協力し合いながら調整を行います。

あらゆる状態の患者さんを受け入れ

地域包括ケア病床には回復期リハビリテーション病棟のように、対象疾患や医療区分の縛りがありません。当院では可能な限り、あらゆる状態の患者さんを受け入れるよう努力しております。

回復期リハビリテーション病棟とは

重度障害・難病患者さんを受け入れ、長期療養や透析治療を提供します。
主に長期の透析患者さんの入院を受け入れています。安心して療養していただけるよう、透析室との連携を密に取り、一人一ひとりの体調や状態に合わせた療養環境を提供します。また、呼吸器装着の患者さんや重度障害のある患者さんの受け入れも行なっています。

回復期リハビリテーション病棟とは

病棟の特長

積極的なリハビリテーション

独自の取り組みにより積極的なリハビリテーションを行っています。入院生活全体がリハビリテーションと考え、日中は病衣ではなく日中着でお過ごしいただき、運動の機会や楽しいイベントを提供できるよう、病棟チーム全体で取り組んでいます。

チーム医療の徹底

入院後早期に多職種で合同評価を行い現状の把握、治療やリハビリテーション、検査データや栄養面についての話し合いを行い、方針の共有を行います。退院時の状態をイメージしながら各専門職がそれに向けて協力し合いながら調整を行います。

プライバシーを重視した入院生活

個室を設けており、プライバシーの保護を積極的に推進しています。大部屋でも可能な限りプライバシーを重視した配置となっています。

医師からの頻回な病状説明

患者さん・ご家族が安心してリハビリできるよう、医師からの定期的な説明はもちろん、必要に応じて現在の状態を患者さん・ご家族に説明を行ってしております。内科的治療やリハビリ状況など今後の事について一緒に考えていきます。

安心できる退院支援

入院時や退院時はもちろん、頻回なカンファレンスを開催し情報交換を行います。カンファレンスにはご家族やケアマネジャー、関係施設職員なども含め参加を調整させていただいております。また当院にはソーシャルワーカーや地域連携室専属の看護師を配属しており、よりスムーズな退院支援が可能となっています。

退院後フォローの充実

退院後安心して在宅生活を過ごせるよう、外来リハビリテーション、訪問リハビリテーションを備えております。

医療療養病棟とは

急性期の治療を終えても引き続きの治療が必要な患者さんを中長期的に受け入れます。
入院に条件と期限がなく、重症の患者さんやターミナルケアの患者さんなど、中長期的な療養が必要な患者さんを受け入れます。QOL(生活の質)を重視した安楽な療養環境と、積極的な離床ができるよう、さまざまなリハビリテーションやレクリエーションを提供します。

病棟の特長

リハビリに専念できる環境

高度急性期病院での治療が終わったもののすぐに在宅復帰できない患者さんに対して、集中的な治療と積極的なリハビリテーションを行っています。病棟内にはリハビリスペースも設備されており、リハビリテーションに専念できる環境が整えられています。

積極的なリハビリテーション

1対1で行われる個別のリハビリテーションでは、それぞれの患者さんに合わせたプログラムを提供しています。複数人で行う集団でのリハビリテーションでは積極的に離床を促し、みなさんで一緒に行う体操やレクリエーションを主に行っています。

退院後も続くケア

在宅復帰あるいは介護施設に退院後も、誤嚥性肺炎や尿路感染などで治療を要する状態となった場合、迅速に入院受け入れが出来るよう体制を整えております。

障害者施設等一般病棟とは

重度障害・難病患者さんを受け入れ、長期療養や透析治療を提供します。
主に長期の透析患者さんの入院を受け入れています。安心して療養していただけるよう、透析室との連携を密に取り、一人一ひとりの体調や状態に合わせた療養環境を提供します。また、呼吸器装着の患者さんや重度障害のある患者さんの受け入れも行なっています。

病棟の特長

重度障がいのある患者さんの受け入れ

パーキンソン病などの神経難病や脊髄損傷などの重度障がいのある患者さんを受け入れ、治療、リハビリテーションを行います。長期入院も可能です。

患者さんに応じたリハビリテーション

日常生活動作の向上や嚥下機能の改善等、個々の患者さんに応じたきめ細やかなリハビリテーションを実施しています。

チーム医療の徹底

多職種でのカンファレンスを毎月開催し、治療方針を話し合い、良質な医療を提供いたします。

終末期の支援

患者さんのQOLを重視し、苦痛のない安全・安楽な生活を送ることが出来るように支援いたします。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-278-2461
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る